埼玉だからこそできる太陽光発電の活用法

埼玉県の土地で太陽光発電の活用法を解説いたします

埼玉での効率的な太陽光発電について

埼玉県は南部のエリアは東京のベッドタウンとなっていて、住宅施設が数多く建設されています。そのため埼玉県内において太陽光発電を行う際には、基本的に北部の畑や森が多いエリアに太陽光パネルを設置することになります。埼玉県の北部地域には昔は畑として農作物を栽培していた土地が、今はただの耕作放棄地としてそのままにされているケースが多いです。そのような土地はそのままにしていてもなにも利益を生むことがありませんが、太陽光発電用のパネルを設置することで利益を上げることが可能です。また秩父地域には山林が多く残っているので、山林においての太陽光発電も期待できます。秩父地域の山林は傾斜がなだらかで、太陽光パネルの設置に適した地形が多いので、手軽な費用で設置することができます。

埼玉県においての発電のメリット

日本での電気の消費量が多い地域は東京です。そのため太陽光発電によって作られた電気も東京などに運ばれるケースが多いです。電気は送電線などで電気を使う場所まで運ばれる際に、その多くを失ってしまうことが知られています。そのため発電を行う場所と使用する場所が近いほうが有利とされています。よって東京に近い埼玉県は発電を行うのに適した環境といえます。ただ埼玉県はとても多くの人口を抱えているので、大規模な発電所を作るのは困難です。太陽光発電は安全性がとても高く、狭いスペースにおいてもきちんと発電できるので埼玉県のような地域においてとても有効です。埼玉県において太陽光発電が適したエリアとしては、東京からそれほど離れていない北部のエリアとなっていて、北部には多くの空き地が存在しています。

太陽光発電に有利な環境がたくさん存在している

埼玉県の北部エリアには多くの空き地が存在していて、土地を保有している方も何に使って良いのか悩んでいる場合が多いです。そのため太陽光発電を行うチャンスが大きく広がっていて、数多くの方が太陽光発電をはじめています。太陽光発電を行う際には適切な広さが必要で、ある程度大きな土地に太陽光パネルを設置することができれば、発電効率を大きく高めることができます。また角度などもとても重要なので、しっかりとした角度を確保する必要があります。埼玉県は大きなビルなどが少なく日照条件としてはとても優れています。地形も関東平野の中心部にあるので、太陽光パネルを設置する際のコストを低く抑えることが可能です。また埼玉県は年間の降雨量がそれほど多い環境ではないので、安定的に太陽光発電を行うことができます。