埼玉だからこそできる太陽光発電の活用法

埼玉県の土地で太陽光発電の活用法を解説いたします

埼玉だからこそできる太陽光発電

埼玉県は日照時間が全国トップクラスとなっており、まさに太陽光発電には適した環境であることがよくわかります。全国平均はだいたい2000時間であり、最下位だと1700時間を割り込みますが、埼玉県の場合、2400時間近くの日照時間があります。最下位と比べれば700時間、全国平均と比べても400時間近く、東京都と比べると200時間程度の違いがあります。この違いを電気代に置き換えると、年間数万円の違いとなって現れることになります。長期的に見れば、数十万円、100万円を超える違いとなることも考えられ、埼玉で太陽光発電をすることで他の地域と違い、お得に電気を使うことができることがわかります。埼玉県だからこそ太陽光発電がおすすめなのは日照時間によるところが大きいのが実情です。

他にもある埼玉県で太陽光発電をするメリット

埼玉県は日照時間も1位ですが、他にも快晴の日数が1位です。そのため、太陽光を最大限生かすことができ、発電に使用することができます。このため、埼玉県が太陽光発電の普及に関するバックアップを行っており、県立施設や警察署などでも率先して太陽光発電が取り入れられています。こうしたこともあり、埼玉県では太陽光発電の普及率が全国トップクラスとなっており、多くの人が導入しています。県内の太陽光発電に関する業者はそれだけ多く、競争も激化しています。太陽光発電を行うためにかかる費用は普及が進めば進むほど安くなる傾向にあり、埼玉県でも例外ではありません。また、作業効率やアフターケアも充実していることから、設置後の不安もなく、安心して使うことができるということです。

余っている土地を有効活用して生活の足しに

埼玉県は有効活用し切れていない土地がたくさんあります。そこがすべて太陽光発電に使われることで相当な効果が生まれることになります。都心部とは違い、広大な土地を抱える人が多いため、余っている土地を太陽光発電に使うという選択肢もあります。一般的な太陽光発電であれば年間10万円以上の節約となりますが、あくまで最低限のもので、これより段階を上げていけばそれだけ節約幅は大きくなっていきます。電気代を賄えるだけでなく、電気事業者への売電収入も生活の支えとなっていきます。日照時間、快晴日数が全国トップクラスだからこそ、これを有効活用しないわけにはいきません。土地を有効活用するには、闇雲に不動産を建てるのではなく、メンテナンスさえしておけば確実に安定供給が実現する太陽光発電がおすすめであり、埼玉県はまさにそれに適した土地です。