埼玉だからこそできる太陽光発電の活用法

埼玉県の土地で太陽光発電の活用法を解説いたします

埼玉ならではの太陽光発電について

近年、太陽光発電が注目されています。太陽光発電とは、太陽電池を用いて、太陽が放つ光エネルギーを電気に変える発電方式のことをいいます。太陽光発電が普及し始めたのはいくつか理由がありますが、普通に電力会社で電力を購入するよりも安く電気を作ることが出来るからです。また、作った電気は10年間は電力会社に売却をすることが出来ますし、自分達で蓄えて置くこともできます。電力会社で使う電力よりも太陽光発電のほうがエコロジーです。なぜなら、電気を作るのに危険性がないだけでなく、二酸化炭素も排出をしないため、地球に悪い影響を与えないで済むからです。このように、太陽光発電は広く利用されていますが、一般的には住宅の屋根に付けています。埼玉県でもその傾向はあります。

埼玉らしい太陽光発電の設置方法

太陽光発電を設置するのは屋根が一般的ですが、わざわざ屋根に設置する理由は大きく分けて2つあります。1つは、屋根は無駄なデッドスペースになってしまっていることです。室内はほんの少しの隙間も有効に使うのに対して、屋根は屋外にあるせいか通常は物を置くことが出来ません。ですが、太陽光パネルなら設置することが可能になります。もう一つは、日当たりがいいからです。家の南側に大きなビルやマンションなどの建物などが無ければ、日当りが良いということになります。埼玉県の場合は一部の地域を除いて比較的土地が余っていますので、空き地に設置するという方法があります。庭が広いときには庭に設置をしてみてもいいでしょう。空き地に設置する場合は、太陽光パネルは自分で購入して土地だけ借りる方法があります。もし、ある程度広い土地があったとしても土地の起伏が激しい場合は、できるだけ選ばないようにしましょう。

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電の設置を本格的に考えるなら、メリットとデメリットを考えなければなりません。メリットは問題ありませんが、必ずデメリットも生じますのでできるだけデメリットを解消する方法を選択するか、デメリットを受入れても問題ないというような状態にしておくことです。まず、メリットですが、地方自治からの補助金があることです。これは、その地方自治によっていくらぐらいの補助金が出ているかは異なりますので、調べて見る必要があります。また、メンテナンスが意外と簡単と言うことです。一方、デメリットは設置費用がかかると言うことです。昔よりは安くなったとは言え、最低限儲けを出すためには150万円ほどの設置費用をかける必要があります。また、発電量が不安定です。天気によっても発電量が異なってしまいます。

太陽光発電を設置すれば1年間で2,268,000円の電気を発電することができます。 屋根の外観が気になる方が多いですが、最近の太陽光パネルは黒色が主流で景観を損ないません。 行政から補助金が出る場合がございます。詳しくはお問い合わせください。 当社の実績とは、クリーンエネルギーとしの太陽光発電装置の設置工事を多くの方から依頼を受けている事です。 埼玉の太陽光発電のことなら「おひさま.com」